引越し エアコンの移設はどうすればいいの? 引越し業者に頼めるの?

引越しの際のエアコンの移設の値段について ここで皆さん1万5000円くらい余計に払っています。

 

 


今使っているエアコンを引越し先でも使いたい。 エアコンの移設って、いくらくらいかかるのかな?

引越し業者にエアコンの移設をお願いすると、だいたい1万3000円から1万5000円程度の見積もりや概算が来ます。

 

こちらも忙しいし、だいたいそれくらいだろう。。(なんの根拠もありませんが)そんなものじゃないかとその時は思ってしまうのです。

 

でも、エアコンの移設がこの見積もりの値段以内で終わることは、まず有りません。

 

エアコン屋さんは移設の仕事でどうやって儲けている?

 

エアコン業者さんは普通引越し屋さんの下請け、または孫請けであることが多いです。

 

仮にエアコン移設の見積もりが1万3000円だったとして、そこから5000円から8000円ほど引越し屋さんと下請さんに取られてしまいます。 

 

実際の作業をするエアコン業者さんは、5000円から8000円ほどしか手元に残らないのです。 その代わり、有名な引越し屋さんの下請けをすればたしかに数はこなせます。

 

しかし、エアコンの移設や設置は、1日に2台から3台をこなすのが限度です。そうすると、3台こなしても1万5000円から多くても2万4000円の売上となり、
経費と税金を引いたらエアコン業者さんの取り分はなかなか厳しいものになってしまうのです。

 

そのため、必ずと言っていいほど、配管が劣化していて交換が必要だとか、長さが足りなくてつけたしたのでいくら必要だとか、

 

住んでいる人にはわからないような事を言ってパイプを1メートル3000円程度の設定で新しく5メートル使いました、でも1万2000円でいいですよ。 

 

ということを言ってくるエアコン業者がいるのです。 エアコンのパイプは、古くなってもだいたいの場合使用可能で、交換をしつこく言ってくる場合は料金を確認しましょう。 

 

だいたい市価で1000円/メートル程度の物なので、多くても2000円以上の値段を提示してくる場合はふっかけられている可能性があります。

 

引越しの見積もり時にエアコン屋さんも比較検討することでリスクを回避できます。

 

ではどのようにエアコン移設の業者さんを選べばいいの?

 

1.追加料金が発生するか、必ず聞く。 発生する場合、何がどれくらいの値段でかかるか、可能性を聞いておく。 
見なければわからない、と言われた場合でも、配管のパイプが必要な場合、1メートルいくらなのか?それ以外にかかる費用はないかを聞いておく。

 

2.必ず複数の見積もりを取る。見積もりを取る段階で追加料金がかかる可能性やいくらかかるかを明文化してもらう。 それが出来ない業者は断る。
引越し屋さんの下請けを使う場合でも見積もりを取ることは可能、追加料金の可能性についても教えてもらう。 

 

3.新品に買い替えることも考える
エアコンの移設が1万5000円、追加料金が1万2000円、出張料が3000円などと言われた場合、そのエアコンを何年使っていて、これからどれくらい使うかを考え、新しいエアコンを買ったほうがいいのかも検討する。 古いエアコンを使うために3万から4万円使うのであれば、新しくエアコンを買ったほうがいい場合もあります。

 

 

引越しは忙しいのでその合間をついていろいろな商売をして来る人がいます。

 

エアコンの移設に限らず、慌てている人からはお金を取りやすいのです。 
いらないものを売る場合でもリサイクルショップでは買いたたかれてしまうのはそのためです。

 

エアコンの移設の見積もりが思ったより高かったら、思い切ってどうしてそんなにかかるのか聞いてみましょう。値段交渉出来るかもしれません。

 

引っ越しで出てきらいらないいるいやお酒、宝飾品、その他いろいろなものを意外な高値で買い取ってくれます。

 

こう言うサービスを使って出来たお金でエアコンの移設をするなり、引っ越し代金の足しにすると言う手もありますね。