忙しい人のための引越し手続きと手順ガイド

引っ越しが決まったら 引っ越し 処分リストの作り方



引越しの際のいらないものの処分する

 

引越しの時、片付けをしていると、思っていた以上に荷物が多くて処分や片付けが大変だった、なんて経験はありませんか?

 

 

 

引越しは、モノを処分するよい機会と言われています。 
引っ越しは最大の片づけチャンスです。 これを機会にもう使わないもの、
なんとなくとっておいていたものは捨ててしまいましょう。

 

片付けをスムーズに進めるために、
「使うものリスト」と「処分リスト」を作る事をお勧めします。これは
今自分の家には何があるのかという現状把握が把握できる。というメリットがあります。 
いわゆる「棚卸作業」ですね。 

 

使うものリストの作り方

 

まず、新居の各部屋ごとに、その部屋では何がいくつ必要か?という事をノートに書きだして行きます。

 

例えば、

 

カーテン一式、
イス2つ、机、
カラーボックス2個、
棚、

 

などなど、大きなものから始めて、
それぞれの棚やカラーボックスの中身、という順番で書きだしていきます。

 

処分リストリストの作り方

 

処分リストは、使うものリストで出て来なかったものを、別の紙に書き出し、それらの処分を考えます。 

 

たいていの場合、使うものリストで出てこなかったものは、処分しても問題ないものばかりです。

 

また、片付けコンサルタントのこんまり 近藤麻理恵さんによると、
手に取った時、ときめくかときめかないかでモノを捨てるかどうか判断するということですが、とても理にかなっていると思います。 

 

洋服などは、それが顕著ですよね。 いくら高いものでも、ブランドものでも、手に取った時、これ着ないな、と思ったり、実際にもう何年も着ていなかったりするものは、あっても仕方ないわけです。買った時高かった、と言っても、もう着ないなら持ってたって無意味です。

 

そうい言った不用品をリサイクルショップに持っていくのも良いでしょう。 全国対応、最短30分で家まで来てくれるので、手間がかかることがなく、不用品が現金に即変わります。